日本で被害の多い蜂

猛暑に伴った蜂の巣の増加

夏場にゲリラ豪雨と呼ばれるスコールのような現象が起こる事が珍しくなくなってきた最近の日本は、その夏場の気候が熱帯地方の気候に近づいてきたのではないかと言われています。こういった背景を受けてその存在をより多く確認するようになった物、それが蜂の巣です。猛暑になると蜂の動きが活性化するため、自宅の周辺などで蜂の巣を作られてしまう可能性が飛躍的に高まるのです。夏場に異常ともいえる猛暑になることが今後も続くのであれば、そういった最中には蜂の巣に対しての十分な注意が必要になってくると言うことができるのです。これの対処に当たっては、巣に近づくことで刺されるリスクが高まることを留意して、専門業者である害虫駆除業者などに依頼をするのがオススメとなっています。

種類によって異なる駆除作業の必要性

ただし、蜂の巣を見つけ次第必ずしもこれの駆除をしなければいけないといったわけではありません。確かに刺されると痛く、また種類によってはアナフェラキシーショックを引き起こすことで命の危険性もあるのが蜂ですが、そういった害虫としての面だけでなく、庭木を荒らす毛虫などを捕獲並びに駆除してくれる益虫となるのも蜂であるためです。そのため、蜂の巣を見つけた際にはその種類を確認すること、またその巣の場所が頻繁に近づく場所なのかをよく確認することが肝心です。見つけた種類がスズメバチなのであればすぐに駆除にあたる必要性がありますが、それ以外であれば、頻繁に巣のある場所に近づく必要がないのであれば、むしろ巣を放置した方がいい結果になることもしばしばありえるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加